投稿日:

HMB、クレアチンの違いって?!調べてみたら?

女性の筋肉

筋肉をつけたい、鍛えたいと思った時がありますか?筋肉があるのとないのとでは、体力も体型も歳を取るごとに周りと差が出ますよね。そんな差を見た時、ショックを隠せなくなることもあります。健康のためにも見た目のためにも筋トレって大事かもしれません。

そんな時にサプリメントも合わせて飲めたらと手軽さを考えます。そこで、筋トレなら「プロテイン」は定番サプリだし有名ですよね。でも、「プロテイン」以外に筋肉に関連する言葉で「HMB」と「クレアチン」も最近では有名になってます。

ここで、「HMB」と「クレアチン」を調べてみました。

 

HMBとクレアチンの違いと効果って?

そもそもHMBとクレアチンの違いってなんでしょう。
大きな違いは、HMBはたんぱく質に含まれるアミノ酸の中に含まているのです。クレアチンはたんぱく質に含まれないアミノ酸です。2つとも同じアミノ酸ですが、役割は違います。
HMBは筋肉を作って守ったりする役割、クレアチンはエネルギーを作る役割があります。
さらにHMBは筋肉の分解をおさえて減少を防ぎ、増量にも力をくれる効果があります。クレアチンは筋トレで消費されたエネルギーを素早く作り出す効果があります。さらにエネルギーを作り出すだけなので、筋肉に含まれる水分が多くなり脂肪が落ちやすくなる効果もあるのです。

 

 

筋肉も健康のためにつけたいけど太りたくないという人にはHMBとクレアチンの併用をオススメします。筋トレは筋肉を作るトレーニングですが、トレーニングしているのに筋肉が作れないとトレーニングをしている意味がないですよね。

さっきの効果を見ると、HMBとクレアチンの両方を取れれば筋トレしながらエネルギーの消費を少なくでき、筋肉の減少を防ぎ増量できます。さらに、脂肪も落とせるので筋肉をつけながら痩せられるということになります。

 

 

ダイエットはほとんどの人が1度はしたいと思います。ですが、筋肉がおとろえてしまうと見た目が全然変わってしまいます。健康的な体で痩せられたら、見た目も年相応より若く見られるかもしれません。だから筋肉は残しつつ、痩せられたら最高ですよね。

そんなふうにできるのがHMBとクレアチンを併用で取るということです。
筋肉も増量しつつ脂肪を落としてくれるという、こんな最高な組み合わせないと思いませんか。

 

最近女性向けの筋肉サプリメント、HMBサプリメントが増えてきましたね。筋肉をつけると結果的に太りにくくなるし、脂肪が付きにくくなるからモデルさん発信で流行ってきていますね。モデルのゆんころ(小原優花)愛用のHMBサプリ「クイーンズスリムHMB」はかなり人気ですよね。他にもAYA愛用のBBB(トリプルビー)HMBサプリも人気ですね。

気になる方はチェックしてみるのも良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です