投稿日:

皮下脂肪を落とす漢方をご紹介!その効能とは?

◇皮下脂肪とは?

 

皮下脂肪とは、全身の皮膚の下につく脂肪のことです。お腹や二の腕など、沢山ついている場所では、手でつまめるのが特徴です。

 

皮下脂肪は、体温維持や、体を衝撃から守る「保護」の役割を担っています。

 

また、飢餓状態に備えてエネルギーを蓄える、言わば‘’貯蔵庫‘’です。

 

従って、全く無いと体に異常をきたし、増えすぎるとスタイルを崩す、それが皮下脂肪なのです。

 

◇皮下脂肪は落ちにくい!!

 

体脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、内臓脂肪は比較的簡単にエネルギーに変わるので、食事制限等で落とすことができます。

 

しかし、皮下脂肪を落とすには、脂肪を燃焼しなければなりません。

 

皮下脂肪を落とすには、摂取カロリーを抑えると同時に消費カロリーを上げる必要があります食事制限しながら運動するという事ですね。

 

そんなハードなダイエットは無理…と弱気になってしまう方も多いのでは?そんな方におすすめなのが、皮下脂肪を落とす「漢方薬」です。

 

皮下脂肪を落とす漢方薬 その正体は?

 

皮下脂肪を落とす漢方薬…

その正体は、「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」です。

 

ダイオウ・マオウ・シャクヤク・トウキなど、全部で18種類の生薬を配合したお薬です。

 

効果としては脂肪燃焼・便秘解消・利尿作用など嬉しい作用がありますね。

 

薬そのものが皮下脂肪を減らすのではなく、滞った体に働きかけ、体質を改善するため、脂肪が減るという仕組みです。

 

防風通聖散と運動や食事管理を併せて行うことで、皮下脂肪を減らす効果はさらに高まるでしょう。

 

防風通聖散を入手するには?

 

防風通聖散は、病院で診察してもらわないと手に入りません。

 

病院で診察したからと言って必ず処方してもらえる薬とも限らない為、入手は相当厄介です。

 

一般に売られている医薬品で、防風通聖散を用いたものがあるので紹介します。

 

・ナイシトール

・コッコアポ

・和漢箋

 

これらは、防風通聖散を錠剤にしたもので、手軽に手に入り、飲みやすいのが特徴です。CMなどでも有名ですが、お腹周りの脂肪に効果が期待できます。

 

◇皮下脂肪を漢方で落とすには?

 

漢方薬は全ての人に効果があるとは限りません。劇的に痩せる・脂肪を減らす薬でもありません。

 

漢方薬に依存しすぎず、自分で運動や食事制限など、努力も行いましょう。

 

ドラッグストアで、薬を探す際は、「防風通聖散」というフレーズに注目!漢方の力で、燃焼効率が高まります。

 

ダイエットの補助的に使えば、効果は期待できるでしょう!

投稿日:

内臓脂肪を減らす医薬品とは?

◆体脂肪のしくみ

 

体脂肪には、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」2つの脂肪があります。

 

内臓脂肪は内臓の周りにつく脂肪、皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪のことを指します。

 

健康を害するリスクが高いのは「内臓脂肪」と言われています。

 

つまり、内臓脂肪を溜め込まない体こそが、健康への近道なのです。

 

◆内臓脂肪を医薬品で減らす

 

内臓脂肪を効率よく減らすために、医薬品に頼る方も多いと思います。

 

どんな医薬品があり、どれを選べば効果的なのでしょうか?

 

気になる医薬品について調べてみました。

 

メジャーな薬はこの3つです。

 

・ナイシトール

・和漢箋 防風通聖散錠

・防風通聖散エキス顆粒

 

◆カギを握る生薬は「防風通聖散」

 

上記の医薬品は、いずれも「防風通聖散」という漢方薬から作られています。

 

防風通聖散とは、18種類の生薬を配合したもので、トウキ・シャクヤク・カンゾウ・ハッカなどが含まれています。

 

同じ生薬なので、それぞれの薬の謳い文句もほぼ同じ。

 

では違いは何なのか?

 

その答えは、「成分」です。生薬を作っている成分の量が効果には大きく影響するそうです。

 

◇ナイシトール◇

 

ナイシトールは、防風通聖散の粉末を、低温で濃縮して錠剤にしたものです。

 

生薬ならどれも同じではなく、生薬中の成分にこだわり、効果を引き出しています。

 

市販薬の中では最も成分量が多く、認知度も高い薬です。

 

◇和漢箋 防風通聖散錠◇

 

和漢箋は、ロート製薬が販売している医薬品です。

 

エキスの作り方や抽出の精製度にこだわっています。

 

5日分40錠が入りのパウチを販売しており、少し試してみたいと言う方におすすめです。

 

 

◇防風通聖散エキス顆粒◇

 

漢方のツムラが販売している漢方薬です。

 

成分の含有量は、他の医薬品を圧倒しており、口コミでも高い評価をえています。

 

しかし、購入には病院の処方箋が必要!!

 

つまり、診察してもらわなければなりません…。

 

忙しい方、面倒臭がり屋さんには不向きと思っていいでしょう。

 

◆内臓脂肪を医薬品で減らそうと考えている方へ

 

医薬品と聞くと、効果が高そう!と思ってしまいますが、少し誤解があるので覚えておきましょう。

 

内臓脂肪を減らすと巷で言われている医薬品は、いずれも‘’お腹の脂肪を落とす‘’と書かれているのみで、‘’内臓脂肪‘’とは書かれていません。

 

生薬の効果により、脂肪が燃焼され、代謝が上がり、お腹周りがサイズダウン!

 

ここまでで薬としての効果を十分果たしています。

 

結果的に内臓脂肪が減ったとすれば、それは二次的なメリットと覚えておきましょう。

 

医薬品だからと過剰に期待せず、お腹をすっきりさせる目的で飲むのが理想のカタチです。

投稿日:

内臓脂肪を減らすヨーグルトがあるって本当?

◆内臓脂肪とは?

 

文字通り、内臓の周囲につく脂肪のことを内臓脂肪と言います。

 

男性や中高年女性ほど内臓脂肪がつきやすく、蓄積された状態が続くと様々な合併症のリスクが高まります。

 

内臓脂肪は、比較的容易に落とすことができますが、運動や食生活の改善は必須です。

 

◆年齢とともに増えていく内臓脂肪…その原因は?

 

年とともに痩せにくくなったと感じることはありませんか?その原因は、‘’基礎代謝‘’の違いです。

 

基礎代謝とは、生命を維持するために使うエネルギーのことです。

 

人は、運動をしなくても、体温を維持する・内臓を動かす・呼吸をするなど、知らず知らずにエネルギーを消費しています。これが基礎代謝です。

 

基礎代謝は20代を過ぎると徐々に減少していくので、若い頃と同じように食べていると自然と太ってしまうのです。

 

加齢太りを防ぐには?

 

・基礎代謝の減少に合わせて摂取カロリーを減らす

・運動などで消費カロリーを増やす

 

このどちらかが必要です。

 

しかし、生活スタイルを変えるのは難しいですよね…。

 

そこで登場するのが‘’内臓脂肪を減らすヨーグルト‘’なのです。

 

◆内臓脂肪を減らすヨーグルトの正体は?

 

そもそも内臓脂肪を減らすヨーグルトは本当に存在するの?と疑問に思ってしまいますよね。

 

夢のような話ですが、本当に存在します!!!

 

内臓脂肪を減らすヨーグルト、その正体は「カゼリ菌SP株」。

 

雪印メグミルクが販売している「恵カゼリ菌SP株ヨーグルト」

 

カゼリ菌は、もともと日本人の腸内に多く存在している乳酸菌です。

 

ヒト由来の乳酸菌なので、日本人との相性は抜群!

 

しかも、胃で死滅せず、生きたまま腸まで届き、腸で長く留まるという特長があります。

 

101人の被験者による実証実験で、カゼリ菌SP株入りヨーグルトを摂取したグループで内臓脂肪の減少が確認されています。

 

カゼリ菌SP株入りヨーグルトを12週間食べ続けたところ、平均5.2%の内臓脂肪減少が見られたそうです。

 

◆恵カゼリ菌SP株ヨーグルトで楽しく健康管理!

 

おいしく食べるだけで、健康な体が維持できれば、これ程楽なものはありませんね!

 

運動する時間が無い、美味しいものに目がない、今の生活のままで内臓脂肪を減らしたいという方は、試してみる価値大です。

 

恵カゼリ菌SP株ヨーグルトは、健康志向の方たちの心を掴み、瞬く間に広がりを見せています。

 

恵カゼリ菌SP株ヨーグルトは、プレーンだけでなく、アロエ・豆乳仕立て・ドリンクタイプと全部で4種類あります。

 

気分で味を変えれば飽きずに続けられそうですね。

 

大注目のカゼリ菌SP株、あなたも摂取してみませんか?

 

内臓脂肪が心配なご両親やパートナーへ差し入れするのもおすすめです!

投稿日:

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは?

◆体脂肪の役割について

 

体内に蓄積される脂肪を体脂肪と呼びます。体脂肪は、蓄積される場所によって、‘’内臓脂肪‘’と‘’皮下脂肪‘’の2種類に分けられます。

 

体脂肪の役割は、

 

・エネルギーを貯蔵する

・体温を維持する

・体を衝撃から守る

・ホルモンを作る      などです。

 

体脂肪=肥満と厄介者扱いされがちですが、体にとって無くてはならない存在!

 

適度な脂肪は生命維持に欠かせません。

 

◆内臓脂肪とは?

 

内臓脂肪とは、内臓の周りにつく脂肪のことを言います。

 

正確には、腹筋の内側の壁につきます。

 

◇内臓脂肪の役割

 

・内臓の位置を保つ役割

・クッションとしての役割

 

◇内臓脂肪の特性

 

・つきやすく落ちやすい

・増えすぎると生活習慣病の引き金になる

・血液中に溶け出しやすい

・男性に多い

・閉経後の女性に多い

・お腹周りに脂肪が溜まる「内臓脂肪型肥満(リンゴ型)」

 

 

◆皮下脂肪とは?

 

皮下脂肪は、皮膚の下につく脂肪のことです。

 

太ももやお尻、二の腕、下腹などが代表的な皮下脂肪です。

 

◇皮下脂肪の役割

 

・断熱の役割

・胎児を守る役割

・衝撃から守る役割

・いざという時のエネルギー源

 

◇皮下脂肪の特性

 

・一度つくと落としにくい

・女性に多い

・スタイルに影響を与える

・下半身を中心に脂肪が溜まる「皮下脂肪型肥満(洋ナシ型)」

 

◆内臓脂肪VS皮下脂肪 危険な体脂肪はどっち?

 

ご存知の方も多いと思いますが、健康を害するリスクが高いのは‘’内臓脂肪‘’です。

 

皮下脂肪は、見た目の変化を伴うので、自分で肥満状態に気付ける脂肪です。

 

また、皮下脂肪は直接的に病気を引き起こす脂肪では無いと言われています。

 

しかし、内臓脂肪は、体の奥の方にあるので、つまむこともできず、知らず知らずのうちに蓄積しているパターンがあります。

 

スタイル抜群の人でも内臓脂肪を過剰に溜め込んでいる場合があり、その様な状態を「隠れ肥満」と呼びます。

 

体重は標準以下でも、体脂肪率が目立って多い方は要注意!

 

男性20%以上・女性30%以上なら内臓脂肪型肥満が疑われます。

 

◆内臓脂肪が多いとなぜ危険?

 

内臓脂肪が増えすぎると、脂肪細胞からの悪玉物質の分泌が増えます。

 

この結果、

 

・血中の中性脂肪の上昇

・血糖値の上昇

・血栓による動脈硬化

・血圧上昇

 

などが引き起こされます。

 

これらを防ぐには、内臓脂肪を貯めすぎないことが大事!

 

◆皮下脂肪と内臓脂肪 適量を維持することが一番大事!

 

皮下脂肪も内臓脂肪も体にとっては必要な脂肪です。

 

痩せすぎも良くなければ、溜めすぎもダメ!

 

特に内臓脂肪の溜めすぎには注意しましょう。

 

内臓脂肪は、運動する・食事を見直すなど、生活スタイルの改善で容易に落とせる脂肪です。

 

今は健康でも、近い将来生活習慣病を発症しないために、日頃の生活習慣には気をつけたいものですね。

 

 

また、ダイエットには最近流行っているHMBサプリを併用するのがおすすめですね筋肉トレーニングを行わない場合でも、飲んでいるだけで脂肪が燃焼できるような成分が入っているものもありますし、筋肉の減少を抑えてスタイルを良くしてくれますよ。

 

TVでも話題のayaさんプロデュースのHMBサプリ「トリプルビー(B.B.B)」が話題ですね。クレアチンも入っているのがいいですね。

トリプルビーの口コミレビューをしているサイトもあるので評判をチェックして購入を検討しても良いかもしれないですね。

投稿日:

エステでよく聞く「キャビテーション」本当に皮下脂肪を落とすの?

◇キャビテーションとは?

 

エステの広告などで良く見聞きする‘’キャビテーション‘’どのような施術方法がご存知ですか?

 

  • キャビテーション

 

空洞現象とも言われる物理現象で、液体の流れの中で、泡ができたり消えたりする現象。泡が消える時に起こる圧力波が、振動を発生させる

 

超音波洗浄機もキャビテーションを利用したものです。

 

エステにおけるキャビテーション

 

皮下脂肪を落とす施術としてのキャビテーションは、どんな仕組みなのでしょうか?エステ業界におけるキャビテーションは、本来の意味とは少し異なります。

 

「超音波を発生させるマシンで、脂肪細胞の細胞膜を破壊し、細胞を分解する」

 

概ねこんな意味合いで使われています。マシンの照射により、脂肪細胞を乳化し、体外へ排出するので、固まったセルライトなどにも効果を発揮します。

 

「切らない脂肪吸引」「メスのいらない脂肪吸引」など、様々な愛称があります。

 

キャビテーション施術の流れ

 

キャビテーションを行う前には、ヒートマットやラジオ派、サーモシェイプなどで、体を温めます。

ジェルやクリームを塗り、脂肪の燃焼を促進します

キャビテーション照射

エンダモロジー・リンパマッサージなどで脂肪の排出を促進します

 

施術前の温めや施術後のマッサージは、行わないサロンもあります。しかし、キャビテーションの効果をより確実なものにするには、全て行うのがオススメ!

 

サロンを選ぶ際は、施術の流れにも注目してみましょう。

 

なぜキャビテーションが人気なの?

 

キャビテーションは、従来の痩身法と決定的に異なる点があります。それは、‘’脂肪細胞の数を減らす‘’こと。それまでは、‘’脂肪細胞を小さくする‘’のが痩身の基本でした。

 

しかし、エステの施術で小さくなった脂肪細胞は、生活の乱れでまたリバウンドしてしまいます。一方キャビテーションは、脂肪細胞自体を死滅させてしまうので、リバウンドがないと言われています。

 

また、部分痩せにも最適で、気になる部位にターゲットを絞って照射すれば、無駄なく痩せられます。

 

キャビテーションは、代謝アップ・むくみ解消・デトックスなど、女性に嬉しい効果が複数あり、痩身だけでない満足感があるのです!

 

キャビテーションの効果は本当?

 

口コミでは、効果がなかった・痩せないなどの書き込みも見られますが、理論上は確実に痩せられる施術法です。マシンによる違い・施術方法による違いは少なからずあると思われるので、サロンを選ぶ際は慎重に!

 

体験して確かな効果を感じたサロンで施術を受けるのがおすすめです。

 

ボディーに使うなら一石二鳥の加圧ブラトップの「エクスレンダー」がおすすめ

キャビンテーションはボディーに使うなら加圧ブラトップがおすすめです。上半身を加圧してスリムにしながらバストに脂肪を集めて胸を大きくする効果があります。

1日じゅう24時間着用可能ですので、個人的にはダイエットとバストアップにおすすめかな?と思います。

参考サイト:激怒口コミ!加圧ブラトップのエクスレンダーは効果なし?を大暴露!

上記口コミが参考になりますよ。

投稿日:

HMB、クレアチンの違いって?!調べてみたら?

女性の筋肉

筋肉をつけたい、鍛えたいと思った時がありますか?筋肉があるのとないのとでは、体力も体型も歳を取るごとに周りと差が出ますよね。そんな差を見た時、ショックを隠せなくなることもあります。健康のためにも見た目のためにも筋トレって大事かもしれません。

そんな時にサプリメントも合わせて飲めたらと手軽さを考えます。そこで、筋トレなら「プロテイン」は定番サプリだし有名ですよね。でも、「プロテイン」以外に筋肉に関連する言葉で「HMB」と「クレアチン」も最近では有名になってます。

ここで、「HMB」と「クレアチン」を調べてみました。

 

HMBとクレアチンの違いと効果って?

そもそもHMBとクレアチンの違いってなんでしょう。
大きな違いは、HMBはたんぱく質に含まれるアミノ酸の中に含まているのです。クレアチンはたんぱく質に含まれないアミノ酸です。2つとも同じアミノ酸ですが、役割は違います。
HMBは筋肉を作って守ったりする役割、クレアチンはエネルギーを作る役割があります。
さらにHMBは筋肉の分解をおさえて減少を防ぎ、増量にも力をくれる効果があります。クレアチンは筋トレで消費されたエネルギーを素早く作り出す効果があります。さらにエネルギーを作り出すだけなので、筋肉に含まれる水分が多くなり脂肪が落ちやすくなる効果もあるのです。

 

 

筋肉も健康のためにつけたいけど太りたくないという人にはHMBとクレアチンの併用をオススメします。筋トレは筋肉を作るトレーニングですが、トレーニングしているのに筋肉が作れないとトレーニングをしている意味がないですよね。

さっきの効果を見ると、HMBとクレアチンの両方を取れれば筋トレしながらエネルギーの消費を少なくでき、筋肉の減少を防ぎ増量できます。さらに、脂肪も落とせるので筋肉をつけながら痩せられるということになります。

 

 

ダイエットはほとんどの人が1度はしたいと思います。ですが、筋肉がおとろえてしまうと見た目が全然変わってしまいます。健康的な体で痩せられたら、見た目も年相応より若く見られるかもしれません。だから筋肉は残しつつ、痩せられたら最高ですよね。

そんなふうにできるのがHMBとクレアチンを併用で取るということです。
筋肉も増量しつつ脂肪を落としてくれるという、こんな最高な組み合わせないと思いませんか。

 

最近女性向けの筋肉サプリメント、HMBサプリメントが増えてきましたね。筋肉をつけると結果的に太りにくくなるし、脂肪が付きにくくなるからモデルさん発信で流行ってきていますね。モデルのゆんころ(小原優花)愛用のHMBサプリ「クイーンズスリムHMB」はかなり人気ですよね。他にもAYA愛用のBBB(トリプルビー)HMBサプリも人気ですね。

気になる方はチェックしてみるのも良さそうです。